ヨーグルト

牛乳は嫌いでも、ヨーグルトなら食べられる!というお子さんは多いのではないでしょうか。

実は私も、牛乳は苦手なのですが、ヨーグルトは大好きです。

ヨーグルトには乳酸菌も入っているので、健康に役立ちそうですよね。

でも、ヨーグルトを食べれば牛乳と同じくらいのカルシウムが摂れるのでしょうか?

さっそく調べてみました。

その結果、ヨーグルトの栄養は体内に吸収されやすく、カルシウム、タンパク質、マグネシウムといった栄養が摂れることが分かりました。

さらには、乳酸菌によって腸内のバランスを保つ作用もあります。

なので、大人も子供も、ヨーグルトは積極的に摂りたい食べ物です。

牛乳嫌いのお子さんなら、なおさらヨーグルトは摂って欲しいですし、学校で牛乳を飲んでくるなら家ではヨーグルトにするというようにした方がバランスが良くなりそうですね。

でも、問題が一つあります。

それは、ヨーグルトは糖質や脂質が多く含まれていること。

ですから、食べ過ぎは良くありません。

なるべくプレーンタイプのヨーグルトを食べることがおススメです。

そのまま食べても美味しくないので、フルーツにかけて食べたり、グラノーラにかけるなどすると美味しく食べられますね。

また、もし甘いジュースをおやつに飲むなら、飲むタイプのヨーグルトドリンクにするのもおすすめです。

ヨーグルトは腹持ちが良いのでおやつにもピッタリ。

とはいっても、ヨーグルトだけで必要なカルシウムが十分に摂れるというわけではありません。

子供の身長を伸ばすためには、バランスよくタンパク質やビタミンなどの栄養も摂らせてあげることが必要です。

また、ヨーグルトは吸収が良いからこれからは牛乳を止めてヨーグルトにしよう!というように偏りすぎないようにしてくださいね。

牛乳にも健康に良い栄養がたっぷり含まれています。

大切なのはバランスです。